石原自動車教習所

ISHIHARA DRIVING SCHOOL
お問い合わせは
0120-148037

牽引

現在、受付を休止中です。再開につきましてはあらためてお知らせいたします。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

一般的にはトレーラーで大量輸送するのが目的で、750キロを超える自走しない車両や貨物車を連結して運転する際に必要な免許です。用途や積み荷によってさまざまなタイプの車両があって、液体を運ぶタンクローリーや、車両を運ぶキャリアカー、鉄道コンテナや海上コンテナを運ぶ長い荷台のトレーラーなど、見かけることも多いと思います。
レジャー関連だとキャンピングトレーラーやフィッシングボートを牽引して遊びに行く方もいらっしゃるようです。


ひっぱる車を運転するようになるので、普通車、準中型車、中型車、大型車、大型特殊車のいずれかの免許が必要です。その上で、連結する特殊な構造やそれに伴う運転特性について、運転技術や知識を身に付けていきます。

牽引車をバックする時はハンドルの切り方が変わってきますし、急ブレーキや急ハンドルの際には車体をコントロールすることができなくなったりもします。車体が大きいので影響範囲も広くなりますから充分注意しましょう。

●適性検査の日時はあらかじめ決まっていますので「時間割」でご確認ください。適性検査当日は入所手続きが混み合いますので、前営業日までに入所手続きをお済ませいただくことをお勧めします。

●教習期限は、最初の技能教習を受けた日から3カ月間です。

●上達の程度によっては補習(¥6,820/1時限)が必要になります。卒業検定が不合格の場合は補習+再検定(¥6,050)となります。

【次の場合は牽引免許は必要ありません】
●車両総重量750キロを超えない車両を牽引するとき
●事故車や故障車をロープやクレーンで牽引するとき

ライセンスnavi

インターネット申込

写真代、教本代が無料になる仮申込はこちら!